築地 おいしい美味しい料理研究所

天然素材を簡単においしく、おしゃれに… おいしい美味しい、レシピブック。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

新蓮根の薯蕷蒸し




口径16cmの寸胴型の鍋は、家庭用として小人数の調理をするのに、寔に使い勝手がよろしい。スパゲティを茹でれば、ぎりぎり二人前。蒸し器をセットして、小振りな蕎麦猪口を用いれば、四人前の蒸し物。タイマーでコントロールできるIH調理具に任せれば、手離れよきことこの上ない。

今回は、蒸し物。新蓮根を、ごりごりと鬼おろしで粗く擂って、細かく擂った大和芋とあわせて生地にする。

それを小振りな蕎麦猪口に張って、湯気が上がった蒸し器で15分ほど中火で蒸し、4%の馬鈴薯デンプンでとろみをつけた、絞り生姜と濃口醤油と煮きり酒の餡をかけていただく。

本来、ハンバーグのように油で焼いて提供してきた一品だったが、友人のアイデアをヒントに、蒸すことに思いが至った。新蓮根の甘みが、優しい。




もっと美味しい情報 ▼手打ちそばLove ▼築地そばアカデミー ▼All About Japanそば ▼川越蕎麦の会 ▼エレクター屋 ▼Tsukiji Soba Academy


スポンサーサイト
  1. 2008/08/20(水) 06:50:28|
  2. ▼野菜・果物|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

新蓮根のすり流し





最近、藤井宗哲師の「禅寺の精進料理十二か月』を、読んだ。

ある修行の先輩が、「濃厚な奴ほど、下品な輩が多い」
(中略)
味もまたしかり、と。
「禅とはさっぱりとしたもの」

洒脱かな。

で、昨日行きつけの八百屋さんに「持ってってよ」
と売りつけられた九節の新蓮根。
とりあえず細かくすりおろして出汁に放ち、
それを温めて自然に湧いてくるとろみを待ち、
粗塩だけで味を決めて、
絹さやと梅肉をあしらった。

うむ、美味。




もっと美味しい情報 ▼手打ちそばLove ▼築地そばアカデミー ▼All About Japanそば ▼川越蕎麦の会 ▼エレクター屋 ▼Tsukiji Soba Academy

  1. 2008/08/20(水) 06:19:04|
  2. ▼野菜・果物|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

井上明

07 | 2008/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。