築地 おいしい美味しい料理研究所

天然素材を簡単においしく、おしゃれに… おいしい美味しい、レシピブック。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ボンゴレ・ビアンコ

三河物のまずまずの浅蜊だったので、手に入れた。
江戸前と違って、殼が茶色がかっているが、
今回手に入れたのは、ぷっくりと、大きい。

ボンゴレ・ビアンコにした。
このメニューは、調理プロセスに入っても全く無調味でいける。
無精な男料理の最たる物である。

c_bongole_bianco.jpg


【材料】
から付き浅蜊、一人前300g、青森のにんにく、タカノツメ、
エクストラ・ヴァージンオイル
オプションで、芽ネギ、万能葱等

【作り方】
買ってきた浅蜊は、2%(つまり生け簀の濃度)食塩水に浸けておき、2-3日
砂を吐かせる。

フライパンにニンニクをカットして入れておき、オリーブオイルを張って、ごく弱火でニンニクの香りをオイルに移す。

ニンニクを取りだして、浅蜊を投入。ひとつふたつ口が開いたら、白ワインか純米酒を加えて蓋をして、強火にして一気に口を開かせる。

フライパンに汁が残るが、これがボンゴレビアンコのソース。
浅蜊の身だけを取りだしておき、タイミングよく茹であげたスパゲティにからめてもりつけ、浅蜊の身、芽ネギ、万能葱、タカノツメをトッピングする。

蛇足だが、チーズは禁物である。

調理時間:15分



もっと美味しい情報 ▼手打ちそばLove ▼築地そばアカデミー ▼All About Japanそば ▼川越蕎麦の会
スポンサーサイト
  1. 2005/04/29(金) 16:04:21|
  2. ▼飯・麺・粉・餅|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

井上明

10 | 2017/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。